小さな棘のようなもの

                                                                                                                                         オオタ硝子研究室 作品展「その胸にあるもの」が始まりました。
壁一面、机一面には、様々なガラスブローチが並んでいます。
ガラスの小箱は仕掛けがひとつずつ違っていて
線と面の組み合わせの面白さに溢れていました。
眺めていたくなるオブジェは、太田さんらしいほんの少しの攻撃性を孕んでいて
小さな小さな棘が後になってじんわりと痛むように胸に残ります。
私は太田さんの作品を見ると、
不安と心地良さが混在する、夜の海に落ちた様な気持ちになります。
なんとも表現しづらい、アンバランスな気持ちを皆さんにも感じて頂ければと思います。
会期は31日(日)まで。 是非、お越しください。