そして日常はつづく

 

先週末で松栄舞子作品展「そして 雨はつづく」が終了致しました。

 

梅雨のしとしととふる雨の日を想いながら松栄さんに企画して頂いた展示でしたが

 

始まってみれば、真夏の様に暑い日々の連続に台風までくる始末。

 

「お天気ばかりはどうにもなりませんねえ〜」なんて言いながらの毎日。

 

でも終わってみれば、真夏の様な強い日差しの中で鮮やかに放たれるミョウバンや水干の質感、

 

強く降る雨の滲んだガラス窓から入るほのかな光の明るさで浮き立つ色の際、

 

日が傾いていく中で、その時しか見られない作品の一瞬の表情は

 

ころころとお天気が変わるこの季節でしか味わえなかったものでした。

 

そして最終日には、しっかり梅雨らしい小さく弱い雨が降ったりやんだりしてくれて

 

本当に理想的な素晴らしいお天気で会期を終える事が出来ました。

 

息つく暇も無いような、沢山の出会いを与えて頂いた3週間でした。

 

素敵な出会いや気づきを下さった松栄舞子さんにもこの場を借りて

 

お礼を申し上げたいと思います。

 

そしてお越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

そして次回は7月11日から、wassa さんと中嶋寿子さんによる二人展「誰もいない部屋」が

 

始まります。(初日のみ13時オープン)

 

お楽しみに。