「コトコトのにほひ」が教えてくれた事

 

hossy nakkie 個展「コトコトのにほひ」は本日で終了致しました。

 

お越し頂いた沢山の皆様、本当にありがとうございました。

 

さて、おしまいのブログは展示の裏話、この展示に懸けた想いのお話をしたいと思います。

 

今回の展示内容を決めるにあたってはhossy さんと様々な話をしました。

 

彼女の描く食べ物のイラストがたまらなく好き。という単純な理由から個展を依頼したのですが、

 

いろいろと内容を相談させて頂くなかで、3月11日を跨ぐ期間での展示となった事もあり

 

東日本大震災への想いも避けては通れない話題のひとつでした。

 

誰かと 笑う、話す、考える、働く、食べる、眠る。 

 

そんな単純で些細な事が当たり前に出来ることのありがたさを

 

hossy さんの作品ならそれを声高に訴えずとも、見て感じ取ってもらえるのではないか。

 

誰かとご飯を食べたいと思う事。 誰かを大事に想う事。 

 

そのきっかけになれるような展示になったら良いなと思う、そんな希望も伝えたのです。

 

で、蓋を開ければ見事、本当に hossy さんらしい「ムヒヒ」と笑えて温かい気持ちの溢れる

 

素晴らしい展示にして頂けました。

 

「あ〜お腹がすいた〜」と笑いながら帰っていかれる皆さんの後ろ姿を3週間見続ける事で

 

私自身は改めて深くいろんな事をもう一度考えるきっかけを頂きました。

 

展示は本日で終わりましたが、hossy さんとはさらなる互いの精進を誓い合って

 

「いつか、また必ず!」と力強い約束を交わしています。

 

もっともっと喜んで頂ける展示を、いつか、また必ずhossy さんと。うー、楽しみ。

 

そして、来週からは一年ぶりの as さんのシャツ展「しろ、それぞれ」が始まります。

 

「白いシャツ」というシンプルだからこそ作家力の問われるテーマに挑んだ彼女が、

 

今の as にしか表現出来ないカタチで見せて、楽しませてくれると思います。

 

さー、これから私は設営準備だ! 働くぞー、そして終わったら晩ご飯だ〜!!!