「鞄と余白」に " tsuruya "

 

2月7日(木)からの「鞄と余白」の出展者さんご紹介、今日は " tsuruya (ツルヤ) "さん。

 

彼女はお洋服や布小物を作る作家さんです。

 

大人服から子供服、鞄にエプロン、いろんな生地を使って、いろんな表情の作品があって、

 

作品を掲載しているブログを拝見するたびに「こんなのもいいな〜」と思います。

 

そんなtsuruyaさんらしさは、分かり易いカタチや色ではなく

 

「喜ばせてやる〜」という「心意気」なんだと思っています。(私が勝手に…)

 

当のご本人はそんな意気込みの溢れる感じではなくて、本当にかわいらしい人なんですが

 

こと作品の話になると秘めたる心意気をふんわり感じるのです(笑)

 

さて今回お見せするのは、フランス軍のデッドストックリネンを使ったトートバッグ。

 

ご本人曰く、「いろんなサイズの余白を繋ぎ合わせたイメージ」で仕立てられた鞄だそう。

 

持ち手はマスタードイエローで本体は生成りのデッドストックリネンを繋ぎ合わせて、

 

所々にはめ込まれた柄生地の配分も抑えめなんだけどしっかり効いています。

 

おまけにヨハクマークが2カ所、ステッチとして潜んでいました。 か、かわいい〜

 

他の部分にもそこかしこに、楽しませ上手なtsuruyaさんの心意気が表現されていますよ。

 

ちなみに、もうひとつ持って来て頂いた鞄も本当に素敵でした。

 

その鞄、昭和の頃の手織りの刺し子や当て布がされた木綿が使われていて

 

ご本人曰く、「長い時間を経た、その余白から生まれる存在感を大事にした」鞄なのだそう。

 

そのふたつの鞄は、見た目の雰囲気や生地感は全く違うのですが

 

どちらともtsuruyaさんらしくて、ヨハクらしい、と思えました。

 

 

 

・tsuruya(ツルヤ)

トートバッグ  8,000yen

●こちらのほかに1〜2点ほど出品される予定です。

 

 

「鞄と余白」

2013年2月7日(木)〜17日(月・祝)  ※12・13はお休みです

作品への詳しいお問い合わせはメールかお電話(0797-35-0489)にてお願い致します。

 

 

○tsuruyaさん、1月は下記の企画展に出られるそうです。お近くの方はぜひに〜

 

・わがまま市 vol.2  

@志ZUKI (兵庫・三田) 1/23(水)~29(火)

HP → http://www.eonet.ne.jp/~shizuki/

 

つながる、つたえる、つづける ー今から未来へー」

@アートスペースIPPO(尼崎・園田) 1/25(金)~27(日)

BLOG → http://ippoart.exblog.jp/