どうも、なんだか。

 

来週木曜日から年内最後の展示  中嶋寿子 陶展 「 足下の風景 」が始まります。

 

詳しくはgalleryページでお知らせしていますのでご覧下さい。

 

 

 

そこで今回は、中嶋寿子さんとヨハクのなれそめを書いてみようかなと思います。

 

彼女の存在を知ったのは、4月末にとある方がブログで掲載された写真がきっかけでした。

 

一瞬、知り合いの作家さんの作品かと見紛って、名前を確認した所「中嶋寿子」とあり

 

そのままページを閉じようと思ったのですが、どうも気になる、なんだか惹かれる…

 

そこで彼女の素性を探ろうと(笑)ホームページやらを探したのですが一向に見つからない。

 

普段なら諦めて「またの機会に」となるのですが、どうしても気になって仕方がない。

 

探して、探して、たどり着いた先は、彼女が通っていた金沢の工房の研修生一覧。

 

でも、数枚の作品写真だけで、知りたかった事は全く書かれていませんでした。

 

ようやく小さく記された連絡先を見つけて、すぐメールを送ったのです。

 

「どこかで中嶋さんの実際の作品を見る事はできますか?」

 

返ってきたお返事は「来週関西に行く予定があります。お店に行ってもいいですか?」。

 

すごいタイミングでびっくりしてしまいました。

 

でも、急かされるような胸騒ぎはこういう事だったのだ、と納得もしました。

 

翌週お店にやって来てくれた中嶋さん。

 

作品の素晴らしさに息を飲み、何より彼女自身の在り方に感動をした事を覚えています。

 

「一緒に仕事がしたい!作品をもっともっと見たい!」そう強く思いました。

 

すぐにブローチのお取り扱いを始めさせて頂いて、作品の虜になられる方も続出、

 

他の彼女の作品を見たいとおっしゃる声も沢山頂きました。

 

念願かなって、私自身も一目で丸ごと好きになってしまった彼女と彼女の作品達が

 

いよいよ来週ヨハクにやってきます。

 

「足下の風景」から彼女が掬いあげた様々な表現を、ぜひじっくりご覧頂きたいと思います。

 

 

 

 

中嶋寿子 陶展 「 足下の風景 」

 

2012年12月6日(木)〜24日(月・祝)

会期中は24日を除く月/火/水がお休みです。

※初日は中嶋さん在廊されます。以後の在廊予定は追ってお知らせ致します。