こんなこと始めました

 

先週から告知もせずに細々とお店の一角でやっているのは、「ヨハクの本棚市」です。

 

このブログで「ヨハクの本棚から」という書きものを完全不定期で続けていますが、

 

ありがたいことに興味を持って下さる方がいらっしゃるのです。

 

お店で読んでいただく分には全く構わないのですが、これまで紹介した本は

 

現役でしょっちゅう読んでいたり、いきなり必要になる事が多いので持って来た、

 

という本なのでお譲りする事が出来ないのです。 すみません。

 

そしてヨハクの本棚の中身はそうそう代わり映えする物でもありません。

 

けれど、せっかく興味を持って下さった方にもっと本をおすすめしたい!

 

ならば自宅に溜めに溜め込んでいる本達の中から、私の中で現役を退いた本を

 

現役選手として使っていただける方に譲ろうではないか!と思い立ったのです。

 

が、いかんせん自宅の本棚は量も多けりゃ、ジャンルも無茶苦茶な収蔵をしているので

 

整理整頓が追いつきません。

 

なので、ギャラリースペースを見応えあるように埋め尽くす程に持って来られるまでには

 

気が遠くなるくらい時間がかかると思われます。

 

なにせ、整理しているつもりが読みふけっていた、を何年も繰り返しているのです。

 

何事も無理はいけません。マイペースが一番長続きするのです。

 

という訳でとりあえず10冊くらいで始めてみました。

 

減っては追加、減っては追加という方法でやっていきたいと思います。

 

一冊売れるごとに、本棚を整理しないといけないプレッシャーが課せられます。

 

が、それでよいのです。そうでもしないとあの本棚はどうにもならないのです。

 

これで長らく日の目をみていない本が、本来の役割を果たす事が出来るというものです。

 

とりあえず今はインテリア系の洋書を持って来ています。

 

立ち読みならぬ、じっくり座り読みもしていただいて構いません。

 

で、ご縁があれば連れてかえってあげて下さい。