ヨハクの本棚から⑤

 

洋書は大好きなのですが、ほとんどが写真や絵の豊富なものばかりです。

 

お恥ずかしい話ですが、日本語以外の言語を解読できる語学力を持ち合わせていないのです。

 

この本も5年程前に購入したのですが、これまで誰の本なのかも知らずに過ごしていました。

 

この度、ここに載せるにあたって初めて調べてみた所…

 

抽象画の様な建築写真を制作する事で知られる(らしい)、

 

1962年生まれのドイツの写真家ハイディ・シュペッカーの写真集、ということでした。

 

布ばりの装幀、好みのサイズ感、手触りの良い紙、控え目で格好いいデザイン、

 

何より白紙の使い方が素晴らしい。 あと、フォントの配置の仕方も好きなのです。

 

誰の何かも分かっていませんでしたが、大層気に入っている洋書のひとつです。

 

そうか、ドイツの人の写真集だったのか。

 

だからなんだという事はないのですが、なんとなくドイツ人でよかったと思いますし、

 

巧くは言えませんが、至る所がドイツ人っぽい感じもします。

 

ぜひ、洒落た薄ベージュのスーツを着こなす長身で無造作な髪型の男性であって欲しい。

 

ただ、私のイメージのドイツ人はほぼサッカー選手が土台なので偏っているとは思いますが。

 

ちなみにシュペッカーさんのイメージは、現ドイツ代表監督ヨアヒム・レーヴ氏です!!

 

あの理系っぽい佇まいがたまりません。ま、イメージなんで本当の所はわかりませんが、

 

そんなことを抜きにしても素晴らしい色彩の写真が満載の一冊です。

 

 

 

 

Heidi Specker / IM GARTEN