ガラス日和

 

gallery ページを更新しました。

 

次回は森谷和輝さんによるガラス作品の展示です。

 

初めて森谷さんの作品に出会った日は雨でした。

 

初めて森谷さんのアトリエにお邪魔した日も雨でした。(しかも、かなりの豪雨 )

 

それでなのかはわかりませんが、私の中で森谷さんの作品は周りの空気が落ち着いていて、

 

背景の色はブルーが混ざった淡いグレーのイメージです。

 

個展の時期を考えた時に、初めて作品を手に取った日の記憶が蘇りました。

 

様々なガラス素材を使って、色々な技法によりそれぞれの表情を引き出す森谷さんのガラス、

 

それは確かめる様に手に取って、じっくりと向き合きあうとよくわかる。

 

それにはきっと外が雨か曇りで、お店の中はひっそりと静かでひんやりとしているといい。

 

そう考えて、一年で一番雨の多いであろう6月に開催をお願いをしました。

 

曇り空だったり、雨模様だったりの普段より思慮深くなれる日は

 

森谷さんの作品と向き合う事に向いている様に思います。

 

雨が苦手な私は、もちろん梅雨も苦手です。

 

でも今年は森谷さんの作品展のおかげで、梅雨を迎えるのが楽しみです。