どこかに在るもの

 

新しい作家さんのブローチが仲間入りしました。

 

創ったのは、石川県金沢市で作陶活動をしておられる、中嶋寿子さんです。

 

先日、幸運にもお会いする機会に恵まれ、お話をさせていただきました。

 

佇まい、作品に懸ける気持ち、すべてにおいてとてもバランスの良い女性だな、

 

というのがお会いした印象です。  そして、作品も彼女そのものの様。

 

触ってみると、骨の様に白くすべすべしていたり、風化したかの様にざらざらしていたり、

 

私たちが見つけていないだけで、きっとどこかで静かに暮らしていそうな風貌のものばかり。

 

手の中にあるものが、焼き物だという事を忘れそうになりました。

 

それは、やさしくて、懐かしくて、不思議で、静かに息をしているようにさえ感じます。

 

お店ではガラスケースに収まって、まるで眠る生き物さながらの風格、

 

静かな眠りを妨げない様、ガラスケースの蓋はそっとお開け下さい。

 

 

ブローチ:中嶋寿子

2,400yen〜3,200yen

 

 

 

 

さてさて、ギャラリーで開催中のwassaさんの個展「 plants ? 」も残すところあと2日。

 

見逃すと後悔しますよ。本当です。