工房探訪

 

一昨日はあいにくの雨でしたが、ちょっと遠出をして福井県まで。

 

というのも、お取り扱いさせていただいているガラス作家の森谷和輝さんの工房を

 

訪ねるのが目的でした。

 

6月に個展を開催していただくという事もあり、なにより現場を見せていただきたくて

 

お忙しい中、時間を取っていただいたのです。

 

制作現場で道具や素材を見せて頂き、どういった過程で出来上がっていくのかを

 

改めて教えていただきました。

 

いろいろな要素が奇跡的に集まって変化を魅せる森谷さんのガラスは

 

そのひとつひとつを緻密に思慮して出来上がるものだったのです。

 

実に面白い、森谷さんのガラスの世界!  とても興味深い現場でした。

 

そして、道具や制作にまつわるもの達は全て丁寧に手入れされ、あるべき場所に収まり、

 

森谷さんのくらしのスペースの中にきちんととけ込んでいました。

 

お伺いしてすぐにいれていただいた紅茶も、帰る前にいただいたコーヒーも

 

とてもとてもおいしかったです。

 

ちゃんと暮らして、ちゃんと創る。

 

そういう人だからこそ彼は、彼の創るものは信用できるのだと思いました。

 

そんな森谷さんの個展は6月。  詳しいご案内はまた。